ニキビの原因

ニキビは年齢問わず訪れる肌トラブルです。

もし顔のどこかにボコッとニキビができてしまったら…見られたくないですよね。。

できればは綺麗な状態に保ちたい。

そこで今回はニキビができる原因と一般的な対策を調べてみました!

根本的な原因を知って,もし実施できそうな対策があれば試してみて下さいね。

※私はこうやってニキビを治した!という人の口コミもご紹介しています。

ニキビはなぜできる?その原因とは?

ニキビができた女性
ニキビ⇒正式名称:尋常性ざ瘡(じんじょうせいざそう)ができるまでの流れを簡単に説明すると

  1. 毛穴の閉塞(閉じて塞がること)
  2. ↓↓

  3. 皮脂が排出されず毛穴内部に詰まり溜まってしまう
  4. ↓↓

  5. アクネ菌(ニキビ発生元の菌)が繁殖してしまう
  6. ↓↓

  7. ニキビが誕生する

という流れになります。

毛穴の閉塞~古い角質が塞いでしまう

大人になると不規則な睡眠や食生活に加え仕事のストレスなどで肌の角質を綺麗に取り除くターンオーバーが上手くイカないという自体が発生します。

そして本来取り除かれるはずだった角質が皮膚上に残り,それが毛穴の出口を塞いでしまいます。

※ターンオーバーとは?

肌を形成している表皮の細胞が入れ替わる,新陳代謝を指します。

肌(皮膚)が回復・改善するチカラであり,健康な場合は28日周期でターンオーバーが行われる。

4週間を目安に表皮は生まれ変わっているのです。

皮脂が毛穴から排出されなくなる

角質によって毛穴が塞がれてしまっては皮脂(乾燥を防ぐために油上の物質が皮脂腺から出る分泌物)が排出されなくなってしまいます。

要するに脂がターンオーバーの乱れによって古い角質に塞がれた毛穴に溜まってしまうのです。

アクネ菌が繁殖

アクネ菌とはニキビ発生の元となる菌です。

このアクネ菌は皮脂が大好物で栄養素としています。

毛穴に詰まったに皮脂をアクネ菌が摂取することにより繁殖しニキビができてしまいます。

ニキビの種類~炎症度合いがある

ニキビの種類
ニキビには炎症の度合いによって種類が変わってきます。

白ニキビ

ニキビの初期段階にあたります。

毛穴に皮脂が詰まった状態ですが,まだニキビの患部は薄い皮膜によって覆われています。

白くポツッと皮膚に小さな出っ張りができた”単に皮脂が詰まった状態”を指します。

毛穴内で炎症はまだ起こしていません。

黒ニキビ

白ニキビで薄い皮膜で覆われていた毛穴が開いてしまい,溜まっていた皮脂が空気に触れる事により酸化。

それにより皮脂が黒く変色してしまいます。

こちらもまだ毛穴内で炎症は起こしていません。

赤ニキビ

黒ニキビが悪化して皮脂に対してアクネ菌と言った雑菌が繁殖し炎症を起こした状態。

この赤ニキビになるとニキビ跡として肌に残ってしまう可能性が高いので,しっかりとしたケアが必要になってきます。

黄ニキビ

別名”膿ニキビ”と呼ばれ赤ニキビの炎症がさらに悪化して膿が発生した状態。

ただ対策を間違うとクレーター状のニキビ跡になってしまう可能性もあるので皮膚科に行ってしっかり治すと言った慎重なケアが必要です。

大人と思春期とではニキビ発生の原因は異なる

思春期ニキビ
思春期の少年少女たちと大人とでは同じニキビでも発生の原因が変わってきます。

思春期ニキビ

思春期の頃には皮脂を過剰に分泌する男性ホルモンの「アンドロゲン」が増加してしまいニキビが多く発生してしまう傾向があります。

また思春期は不安定なホルモンバランスで皮脂の分泌具合も安定的では無いので,アンドロゲンによる過剰分泌によって肌が驚き異常を起こしやすくなります。

ホルモン経験の薄い若者の皮膚細胞が過剰なアンドロゲンによる大量の皮脂分泌にびっくりしてしまうのですね(^^;)

主にニキビができやすい箇所:額や鼻(Tゾーン),両頬

大人ニキビ

大人ニキビと呼ばれる肌荒れは食生活や睡眠不足,ストレス,疲労,ホルモンバランスの乱れなどが原因で発生してしまいます。

(日常生活の不調で)ホルモンバランスが崩れて⇒肌のターンオーバーが乱れる⇒古い角質が残る⇒皮脂が毛穴に溜まる⇒アクネ菌が繁殖と言った上記の流れが発生します。

主にニキビができやすい箇所:アゴ,口周り,フェイスライン

ニキビ発生の原因と対策

ニキビの原因
思春期の頃に発生する若者特有の男性ホルモン「アンドロゲン」を抑制するための対策は難しいですが,大人ニキビと呼ばれる原因には日常生活からケアしていく意識が大切です。

  • 食生活
  • 睡眠
  • ストレス
  • 肌質
  • 生理前

こういったニキビができる原因と対策を見ていきましょう。

原因①~食生活

口に入れる食物で身体は作られています。

甘い物ばかり食べたりインスタント食品で栄養が偏っていたりするとダイエットに失敗すると同時に肌質まで荒れてしまいニキビがぷっくりできてしまいます。

糖分過多,油の多い食べ物は肥満だけでなくニキビ発生の原因にも繋がります。

対策

  • 腸内環境の改善(乳酸菌や納豆菌など)
  • ビタミンC(レモン・キウイ・ゴーヤ・ブロッコリー・柿・パプリカ・キャベツ・ピーマン)etc
  • ビタミンB(卵・レバー・納豆・うなぎ・海苔・アボカド・わかめ・バナナ)etc
  • ビタミンB6(バナナ・アボカド・にんにく・カツオ・イワシ・マグロ)etc

原因②~睡眠

ニキビだけに限らず,睡眠不足は色んな肌トラブルをもたらします。

肌のくすみ,たるみ,メラニン色素によるシミといったトラブルがニキビ以外にも発生してしまいます。

対策

肌にとって睡眠は最高の美容液。

眠り始めの3時間は成長ホルモンが大量に分泌され肌の改善やターンオーバーに効果的なのです。

22:00~2:00はゴールデンタイムと呼ばれ,この4時間に寝れば肌は綺麗になると言った格言がひと昔に流行りましたが,最近の研究では寝入りばなの3時間が大事だとされています。

肌が回復するためにも睡眠時間をしっかりと確保しましょう。

原因③~ストレス

現代では全くストレスを感じていないという人は皆無でしょう。

仕事,人間関係,環境の変化,買い物した時の店員の対応,恋人のワガママetc…

どんな場面で合ってもストレスを感じてしまう今日この頃なのです。。

対策

ストレス解消方法は本当に人それぞれで一概には言えません。

なので一般的に当たり前の答えでは無く,私の友人談も交えながら簡単にご紹介します。

  • 釣り(うちの社長さん)
  • ゴルフ(私の親友)
  • ボクシング(友人,サンドバッグ殴りまくり)
  • 森をウォーキング(親)
  • バスケ(キョウダイ)
  • ゲーム(オタク仲間)
  • 飲み歩き(友人)
  • 食べ歩き(いとこ)
  • 森林公園といった自然の中で過ごす時間は気分をリフレッシュさせる効能があります。

    また学生時代にやっていた部活動を久しぶりに行ない良い汗を流す,ゲームなどでモンスターをズダズダにするなど…人それぞれのストレス解消法があります。

    何にせよ家にずっと引きこもっているよりは外に出て(できれば)身体を動かした方がストレス解消になる場合が多いのは周知の事実でしょう。

    ご自身に合ったストレス解消法が見つかれば良いですね(^^;)

    原因④~肌質

    皮脂が過剰分泌される思春期と違い大人ニキビは肌の乾燥によってもたらされる事があります。

    乾燥した肌はバリア機能が低下してしまい外部からの刺激に対して弱い状態となってしまいます。

    そこで肌は皮脂を多く分泌して外部刺激からのダメージに備える傾向があります。

    皮脂は外部刺激から皮膚の表面を守ってくれますが,乾燥してしまっている肌には古い角質が残っており再び毛穴に皮脂が閉じ込められるという現象が起きます。

    それによってニキビが発生してしまうのです。

    対策

    乾燥肌は洗顔のし過ぎで肌の油分を落としすぎてしまい発生する時もあります。

    スキンケアは当然大事ですが,やり過ぎて必要な表皮まで削ってしまい肌がカサカサにしてしまわないようにしましょう。

    また保湿成分が入った化粧品でお風呂や寝る前にしっかりケアしてやるのも乾燥肌には大事です。

    …私自身も昔はひどい乾燥肌でしたが保湿成分が入った化粧品で朝と晩の1日2回ケアしてやると随分とマシになりました。

    ワセリンと言った市販商品は安くて効果がある化粧品でおすすめですよ(^^)

    原因⑤~生理前

    生理前は黄体ホルモン(プロゲステロン)の増加により皮脂も過剰に分泌されます。

    ホルモンバランスが乱れてニキビを始め色んな肌荒れが発生してしまう人が多いのです。

    対策

    黄体ホルモンが増える生理前には便秘になりやすかったり基礎体温が上がったりするのでしっかりとした水分補給をして睡眠時間をできるだけ確保しましょう。

    ストレッチやアロマセラピー,鎮痛剤を正しく飲むと言った医学的に推奨されている方法でニキビはもちろんお腹の痛みを和らげましょう。

    ⇒参考サイト:エスエス製薬

    私はこうして治した!ニキビ対策口コミ集

    ニキビを治した人
    <触るのを我慢した人>

    昔からニキビができたらついつい触ってしまう癖があったのですが,赤いニキビ跡になってしまいそれからはできるだけ触れないように気をつけています。

    またホホにニキビができた時も髪ができるだけ当たらないように気をつけていたら治るのが早く感じました。

     
    <睡眠による改善>

    思春期はあまり肌の悩みが無かったのですが大人ニキビがポツポツできるようになりました。

    子育てで睡眠不足になり気味だったので,睡眠の質を高めようと寝る前のお風呂や食事に気を使っていたら徐々に赤いニキビが小さくなりました。

    寝る大切さを学んだ気がします。

     
    <商品の成分を見直した人>

    額とこめかみにできたニキビに悩まされてました。

    シャンプーや洗顔料に含まれる成分が合っていないのかもと思い無添加商品に変え,ちゃんと洗い流す事を意識していたらだんだんとニキビが治っていきました。

    そう言えば昔からシャンプーを変えたら必ず最初は肌荒れやニキビといった症状が出ていたので,これからは化粧品でも何でも成分は気にしていこうと思います。

     
    <運動による肌質改善>

    大人ニキビには随分悩まされ皮膚科などにも通ったり色んな化粧品を試したりと改善対策はしましたが,正直なかなか治りませんでした。

    一時的な効果しか感じられない事ばかりでしたが,生活習慣が肌質の改善に良いと聞いたので運動を開始。

    すると身体は軽くなりニキビも薄くなりました。汗とともに身体に溜まっていた老廃物が排出されたからだろうなと思います。

     
    <食による改善>

    脂っこい食べ物を我慢して洗顔方法もゴシゴシし過ぎないと心掛けたらニキビが消えました。

    寝る時間なども健康的に取ろうと決めているので肌のコンディションは良いと思えています。

     
    <半身浴による改善>

    顎下に大人ニキビがありましたが半身浴で新陳代謝を良くして化粧水などで肌ケアするとブツブツだった部分が明らかにマシになりました。

    汗を掻くって肌にも大切なんだなと思えました。

    最後に

    今回はニキビ発生の原因とその対策方法をご紹介しました。

    ニキビは何歳になろうとも気になるもの。

    肌を元気で保つためには化粧品は元より日常生活の改善も大事です。

    寝不足になるとすぐにニキビができますもんね…(本人談)

    ただひどすぎる場合は当然ながら皮膚科や美容エステでプロによる診察と対策をおすすめします。

    最近はニキビ専門のエステやサロンが開設されていますよ(^^)

    日常的にスキンケアしているのに綺麗な肌色が取り戻せない人はご検討下さいね♪